カリヨンで開いた 「5つの扉」物語04 |カリヨンインターナショナル

top_line.jpg

s04_t.png

アメリカに留学していたとき招待された結婚式で、
それまで描いていた結婚式の
イメージが完全に覆えされました。
結婚式というと堅苦しいというのがそれまで
抱いていたイメージでしたが、
新郎新婦もゲストもとにかく楽しんじゃう。
お料理はブッフェ、音楽は生バンド、そしてダンスはエンドレス…。
This is wedding party!「私のときもこれでいこう」と決めました。
インビテーションカードはウエディングのスタートですから、
アメリカンポップのカードで。
食事はブッフェスタイルですが、いらしてくださる方のことを考えて
メニューは豪華に、食器はカラフルに。
空間演出のテーマもポップ&エンジョイ。
祝辞はリレー式にして、「一言お祝い」にしました。
この趣向は見知らぬゲスト同士にも会話が生まれ、大成功。
生バンドによるダンスタイムも、それまでの流れに乗って
フロアーはいい雰囲気に包まれました。
私は盛りだくさんのお願いをしましたが、それを交通整理してくれたのが
カリヨンのスタッフでした。
アメリカでの思いが実現できて感激しました。

ウエディングシーン

ROGOROGO

About CarillonAbout CarillonShop infoShop infoCariiion ArtistCariiion ArtistCarillon DirectorCarillon DirectorCotporate info

お問合せお問合せ

桂 由美